ベースカラーとメインカラーとアクセントカラーを意識しよう

ホームページを作る時、配色に気をつけるだけでもオシャレなホームページにすることが出来ます。具体的にはベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3つです。ベースカラーはホームページ全体の背景色となります。メインカラーはコンテンツ部分やテキストのカラーなど、背景の次に面積が多い箇所の色です。アクセントカラーは文字通り差し色となり、具体的には区切り罫線やボタンに使われる色で、会社やお店のロゴマークの色を使う場合が多いです。

それぞれの割合をベースカラー:70%、メインカラー:25%、アクセントカラー:5%となるように意識するだけでも、オシャレなホームページに近づくことが出来ます。厳密にカラーの割合を守らなくても大丈夫です。

デザインはテーマを持たせて要素を大きく!

使用するカラーが決まったら次はデザインのお話しです。とはいっても、ここでは専門的なお話しではなく、少しの意識と一工夫でオシャレに見えるホームページを作るたためのお話しをします。

オシャレなホームページには必ず「テーマ」に沿った統一感があります。このテーマを決めて取り入れるだけでもぐっと見た目は良くなります。例えば、ガーリーなアイテムを扱うのであれば、ホームページのテーマを「ふわふわリボン」に設定し、リボンを見出しとフッタのアクセントに使用するだけで統一感が出ます。お花屋さんであれば、テーマを「色彩なお花」に設定し、同様にデザインをしていくといった具合です。

ホームページのカラーとテーマに沿ったデザインが決まればオシャレなホームページに近づくことが出来ます。

企業や店舗がHP作成に当たり、大切なことは集客率を集めることでしょう。当然ホームページを作る事はスタートであり、閲覧者数を増やすことが集客率を上げる第一歩です。